学生中に運転免許を取っておくと良い理由

メリットがいっぱい!学生の内に運転免許を取った方がいい理由とは?

運転免許について

既に社会人になった方にアンケートをしたところ、なんと7割が「在学中に運転免許を取るべき」と答えています。 その理由や、社会人になってからだとなぜデメリットがあるのかを説いています。これから教習所へ通おうと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

教習所にはタイプがある?

いざ自動車教習所へ通うとなった場合、スクールへ通うのは合宿へ通うのか迷った事はありませんか?それぞれ一長一短なので、メリットだけでは無くデメリットにも目を通して判断して下さい。 大まかな費用だけでは無く、免許取得までの期間についても説明しています。

教習上の選び方を大公開!

自分に合った自動車教習所を見つける為には、選ぶポイントを知っておくと強みになります。 費用だけでは無く公認校・非公認校と種類別に説明していたり、教習スタイルによっても向き不向きがあったりします。気持ちよく学び、通える教習所を選ぶ参考にしてみて下さい。

なぜ約7割が学生の内に取得した方がいいと答える?

都心であれば電車を始めとする多くの交通機関が発達しているので、必ずしも運転免許は必要ありません。しかし郊外、または地方だと運転免許とマイカーを所持していないと生活がままならないケースもあります。特に地方では1人1台車を所持しているケースが多く、専用のガレージや貸駐車場を使用している場合もあります。
そんな生活に必須と言われる車ですが、運転免許証がなければ何も出来ません。運転免許は学科試験・実技試験に分かれていて、仮免許までに学科講習が10時間、実技講習が12~15時間必要です。この時間内に問題無く技能が身に付けば良いですが仮に見に付いていない、不安であると言う場合は1~2時間追加で受ける事も可能です。仮免許に合格したら今度は本免許までのステップで学科講習が16時間、実技講習が最低19時間となります。
第二段階からは講師と道路に出て運転をしながら、技能を積んでいきます。ここまで問題無く講習を終えたら後は卒業認定を受けます。卒業認定は学科試験のみで100点中90点が合格ラインで、合格出来れば晴れてドライバーの一員です。
この自動車免許は平均3~6ヶ月で取得出来る様ですが、人によっては10ヶ月丸々かかってしまう事もあります。その兼ね合いもあり、在学中に運転免許を取っておくべきだと言われる事が多い様です。
ここではそんな運転免許を取得するタイミングや在学中に取得するメリット、更には教習所の選び方に着目して案内しています。