メリットがいっぱい!学生の内に運転免許を取った方がいい理由とは?

運転免許について

学生の内に取得するメリット

社会人になってからわかる、学生時代のありがたみといえば自分の為にたっぷり時間を使える事です。
運転免許を取得する際、最短でも1ヶ月かかりますし人によっては10ヶ月の期間をたっぷり使って取得するケースもあります。仕事をしながら教習所へ通う事も出来ますが、二足のわらじはとても大変です。
そしてもう一つ、在学中に取得しておくべきメリットは身分証明書になる為です。新生活を送る時に必要になるので身分証明書として持っていて損はありません。他にも車に乗って卒業旅行に出かけたり、早めに運転に慣れる事が出来るので精神的に安心出来たりするメリットもあります。但し学生の本業は学業なので、免許取得をしている際に学業を疎かにしない様にして下さい。

学生の内に取得するデメリット

時間がたっぷりあり、自分のペースで動ける学生ですが、運転免許を取得するデメリットもあります。
最も多いデメリットと言えば「すぐに必要にならない。」と言う点です。確かに地方ならいざ知らず、都内であればマイカーに頼らなくても移動出来ますしパスポートがあれば身分証明にも問題ありません。必要性を感じないにも関わらず膨大な時間を使って通うのは、ネックになるという考えもあります。
別の項目でも説明しましたが、免許を取得する事にのめり込んでしまい学業を疎かにするパターンもあります。運転免許は高校3年生からの取得なので受験を控えている方や、大学や専門学校に進学を考えている方はタイミングを考えて通うのが賢明と言えます。


シェアする

B!